読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f『』ind。

日常、身体に良いこと、自分を追い込んで成長blog

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 77日目

4月22日 日本経済新聞社説「サービス残業を根絶する時だ」の要約です。 賃金を払わずに時間外労働をさせるサービス残業が依然として横行している。サービス残業は健康にも悪影響を及ぼし、見過ごせない問題である。業務の効率化も進め、一掃するときだ。まず…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 77日目

4月21日 日本経済新聞社説『「脱時間給」制度の審議に逃げ腰になるな』の要約。 「脱時間給」の制度化を盛り込んだ労働基準法改正案について、今国会の成立も見送ろうとしている。東京都議選を控え、雇うの長時間労働を助長しかねない脱時間給制度を新設する…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 76日目

4月20日 日本経済新聞社説「英選挙で霧は晴れるか」の要約。 メイ英首相が下院を解散し6月8日に総選挙を実施する方針を明らかにした。理由として、EU離脱への立場で議会が割れている点をあげた。メイ首相が勝利を背景に強気一辺倒の姿勢で交渉に臨めばEU…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 74日目 要約

4月18日 日本経済新聞社説「構造改革が再び滞る中国経済」の要約です。 習近平国家主席も年初に生産能力の削減など構造改革の推進を改めて宣言したが、実態は異なる。過剰な生産能力が指摘されていた鉄鋼などは逆に生産量が増えている。一時的に需給が締まっ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 72日目

日本経済新聞社説「流通業は3つの逆風にどう立ち向かうか」の要約です。 主な流通業の2017年2月期の決算が出そろった。不採算事業の縮小や付加価値の高い品ぞろえなどで業績が上向いた企業が目立つ。だが、流通業界は3つの逆風と向き合わなければならない。…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 71日目

4月9日 日本経済新聞社説「米中は北朝鮮問題で踏み込んだ協力を」の要約。 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が米国で初会談した。しかし、日本の安全保障に大きく関わる北朝鮮の核・ミサイル開発問題を巡っては、目に見える合意は打ち出せなかった。…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 70日目 要約

4月8日 日本経済新聞社説「国際拠点生かし監査改革急げ」の要約。 監査法人を監督する公的機関の国際組織が、都内に常設の本部事務局を設立した。国際組織の拠点が設立されるのをきっかけとして、日本の監査の質を高める改革を急ぎたい。監査が適正かどうか…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 69日目

4月6日 日本経済新聞社説「iPS治療の普及策工夫を」の要約です。 iPS細胞を使った再生医療が普及へ向けて一歩前進した。ただ、同じ方法がそのまま様々な病気の治療に使えるわけではなく、課題は多い。安全性の確認、iPS細胞の供給方法など、課題がある。ま…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 68日目

4月5日 日本経済新聞社説「発足30年迎えたJRの課題」の要約です。 JRは発足年を経て新たな課題が浮上している。なかでも差し迫っているのは、乗客が減り続ける地方ローカル線の存廃問題だ。手t同の特性は一度に大量の人や貨物を運べることだが、利用者が少な…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 67日目

4月4日 日本経済新聞社説「景気好循環へ企業は縮むな」の要約です。 企業が縮こまりすぎると景気の好循環はおぼつかない。最大の不安は、保護主義的な政策に傾くトランプ米政権の政策やそれに伴う為替相場の変動など海外要因だ。もう1つは深刻な人手不足だ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 66日目

4月1日 日本経済新聞社説「東芝のメモリー事業はだれに売るべきか」の要約。 東芝の再建が重要な局面を迎えた。この窮地を切り抜けるために、東芝は残された最大の優良事業である半導体メモリー事業を売却する。この事業売却について技術の国外流失に懸念…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 65日目

3月30日 日本経済新聞社説「医療と介護の効率的な連携で無駄を省け」の要約です。 政府は2018年度、医療サービスと介護サービスの公定価格を同時に改定する。過剰な医療サービスの提供を防ぐため、住み慣れた自宅などで病気と共存しながら生活の質を維持して…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 63日目

3月27日 日本経済新聞社説「ドローンを課題解決のテコに」の要約です。 ドローンと呼ばれる小型無人機の活躍の舞台が広がっている。ドローンをうまく安全に使いこなし、人手不足に悩む職場の作業効率の改善や市民生活の安全安心の向上につなげたい。ドロ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 62日目

3月25日 日本経済新聞社説「生産性を高めて無理なく残業を減らそう」の要約。 残業時間への規制案が固まった。残業は100時間未満とすることで決着した。重要なのは、労働生産性の向上によって働く時間を短縮していくことだ。また、労働時間ではなく成果の…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 61日目

3月24日 日本経済新聞社説「生殖医療は法の整備が急務だ」の要約です。 国内で匿名の第三者から提供を受けた卵子を使って体外受精し、初めて出産した。親子関係をどう規定するかなどは曖昧である。民法は誰が母になるかを明記していないので法整備が急務…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 60日目

3月23日 日本経済新聞社説「人手の不足も映す地価動向」の要約。 地価は引き続き緩やかな上昇が続いている。地価上昇の理由は幾つかある。一つは、低金利で借り入れこすとが低下した不動産投資信託(REIT)が積極的に物件を所得している点だ。もい一…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 59日目

3月22日 日本経済新聞社説「十分な審議が必要『共謀罪』」の要約です。 政府は組織犯罪処罰法の改正案を閣議決定した。テロや組織犯罪を、実行させる前の計画段階で処罰できる「テロ等準備罪」を新設するのが目的だ。今回の法案では、適用の対象を「組織的犯…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 58日目

3月21日 日本経済新聞社説「欧州のポピュリズムに懸念は消えない」の要約です。 反イスラムや反欧州連合(EU)などの排外的な主張がどれだけ支持を広げるか、欧州政治の流れを左右する国政選挙が今年も相次ぐ。投票率は8割にのぼり有権者の関心は極めて高か…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 57日目

3月20日 日本経済新聞社説「好循環つくれぬ『完製春闘』」の要約です。 毎月の基本給を引き上げるベースアップ(ベア)が多くの企業で前年を下回った。規制改革など政府は企業活動を活発にする政策に力を入れるべきだ。企業に求められるのは、外部環境の…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 56日目

3月18日 日本経済新聞社説「原発事故の過失認めた重み」の要約。 原発事故をめぐる一連の裁判のなかで国や東電の過失が認められたのは初めてのことだ。国や電力会社は指摘を真摯に受け止め、原発の周辺住民に対する避難計画の策定といった安全対策に生か…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 55日目

3月17日 日本経済新聞社説「経済の安定に資する米の緩やかな利上げ」の要約。 米国の金利上昇は資金の米国への回路や一層のドル高につながる可能性がある。米国経済には、仕事がみつからない人がなお多いといった問題が残る。だが、その解決手段は景気刺…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 54日目

3月16日 日本経済新聞社説「日本ならではのサウジ協力を」の要約です。 サルマン国王は石油に依存しない経済構造への転換を掲げる。増大する人口を吸収する雇用をつくり、産業を育てる改革が急務になっている。そこで、日本企業の進出を促す「日・サウジ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 53日目

3月15日 日本経済新聞社説「長期の温暖化ガス削減へ具体策を詰めよ」の要約。 パリ協定は世界の平均気温の上昇を2度未満に抑え、今世紀後半に温暖化ガス排出を実質ゼロにする目標を掲げた。日本が50年までに排出を80%減らす目標に、どこまで真剣に向き…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 52日目

3月14日 日本経済新聞社説「待ったなしの待機児童解消」の要約です。 待機児童がなかなか解消しない。待機児童をなくすには、働きながら子育てしたいという住民のニーズをきちんと把握することが前提だ。地域の実情に合わせて、計画を不断に見直し、保育…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 51日目

3月14日 日本経済新聞社説「百貨店は生き残りに向けて構造改革を」の要約です。 ネット通販の台頭などで、百貨店業界の売上高は縮んだ。生き残りのためには各社とも抜本的な構造改革が必須といえる。仕入れや価格の見直しなど自社で対応できなければ、魅…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 50日目

3月10日 日本経済新聞社説「規制改革進め利便性の高い卸売市場に」の要約。 政府・与党は農業競争力強化プログラムで卸売市場法を抜本的に見直し、合理的な理由のない規制を廃止する方針を打ち出した。利便性の向上や合理化、農業改革の妨げとなる規制は…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 49日目

3月9日 日本経済新聞社説「サウジ改革をアジアの好機に」の要約です。 サウジアラビアのサルマン国王がアジアを歴訪中だ。多数の閣僚を含む大訪問団はサウジのアジア重視の現れだ。サウジは世界最大の原油輸出国だ。イスラム教の聖地メッカを抱えるイスラ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 48日目

3月8日 日本経済新聞社説「系列をこえた地銀再編で地域の活性化を」の要約です。 地方銀行の再編が全国で加速している。先行した九州などに続き関西でも域内最大の地銀連合が誕生する。地銀は再編をテコに経営を効率化した体制を整え直し、中小企業や地域…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 47日目

3月7日 日本経済新聞社説「軍民両用研究は透明性重視で」の要約です。 防衛省が大学の研究費を出す制度を拡大するなか、「軍事目的の研究はしない」という過去の声明を見直すか議論してきた。軍事研究が民生用に転じた例は多い。逆に材料や光学の基礎研究…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 46日目

3月6日 日本経済新聞社説「経済左右する習主席の責任」の要約。 中国は2020年までに経済規模、所得水準を10年比で倍増する目標を掲げる。道は険しく周到な目配りが要る。外貨準備の急減など資金流出対策も急務だ。習近平国家主席は共産党の別格の指導者を…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 45日目

3月5日 日本経済新聞社説「質の高いアジアの経済連携を主導せよ」の要約。 アジア太平洋地域に広大な自由貿易圏をつくり、世界の成長センターとして繁栄する。日本を含むアジアの各国・地域はその目標を忘れずに、着実に経済連携を進めねばならない。16…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 44日目

3月4日 日本経済新聞社説「採用ミスマッチ解消へ丁寧な企業説明を」の要約。 採用活動の早期化で、企業の仕事内容を理解する時間が十分確保できないまま就活を進める学生も多い。入社しても早く辞めてしまう人の増加の一因にもなっていよう。企業は学生に…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 43日目

3月3日 日本経済新聞社説「米政権のWTO軽視は貿易戦争に道開く」の要約です。 米国の利益を損なうようなWTOの決定には従わない姿勢を明らかにした。最大の経済国である米国がこの手続きを無視して、高関税などの対抗措置を取るようになれば、世界の…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 42日目

3月2日 日本経済新聞社説「インド経済は荒療治しのぐのか」の要約です。 インド統計局はGDPが前年同期に比べ実質で7.0%増えたと発表した。市中に出回っていた現金のおよそ86%を突然使えなくする荒療治をしたが、それでも7%台の成長を保ったのはイ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 41日目

3月1日 日本経済新聞社説「前向きの節電が商機を生む」の要約です。 電力の安定供給の条件は、需要を満たす供給力を常に用意することだ。電力会社は普段は動いていない発電所も残して需要増に備えている。設備費用を軽減する利点だけでなく、利用者に無理…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 40日目

2月28日 日本経済新聞社説「メディアは民主社会の基盤だ」の要約です。 トランプ米大統領は民主主義の基本ルールを理解しているだろうか。トランプ政権とメディアの対立は激化する一方だ。 SNSが発達し、世論形成における新聞やテレビの影響力は下がっ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 39日目

2月27日 日本経済新聞社説「米温暖化対策の後退が心配だ」の要約です。 米環境保護局(EPA)長官に、地球温暖化対策などに反対するスコット・プルイット氏が就任した。プルイット氏は、経済成長と雇用創出を最優先するトランプ政権の方針に沿った考え…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 38日目

2月26日 日本経済新聞社説「賃金が力強く上がる基盤を築こう」の要約です。 消費は依然として本格的な回復に遠い。起点となる賃金の伸びが勢いを増すよう、本気で取り組むときだ。1人あたりで生み出す付加価値がこの20年ほどの間、ほとんど伸びていない…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 37日目

2月25日 日本経済新聞社説「『プレ金』から働き方改革へ」の要約です。 「プレミアムフライデー」が、始まった。消費の喚起と働き方改革の一石二鳥をねらって、政府と経済課が主導した企画だ。今の消費者はモノの購入より特別な体験に支出する傾向が強い…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 36日目

2月24日 日本経済新聞社説「ゴーン改革から何を学ぶか」の要約です。 日産自動車のカルロス・ゴーンが社長を退くと発表した。ゴーン氏の大きな功績は、日産自動車を果断なリストラでV字回復に導き、世界最大手に迫る水準まで生産を延した。ゴーン改革の…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 34日目

2月22日 日本経済新聞社説「低コストの無電柱化を探れ」の要約です。 無電柱化が進めば街の防災性はかなり高まるだろう。日々の生活を考えても、電柱がなければ歩行者や車いすが通行しやすくなるし、街の景観も向上する。各地に電柱が林立している最大の…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 33日目

2月21日 日本経済新聞社説「懸念を拭えないトランプ政権の1カ月」の要約です。 トランプ米大統領が就任して1カ月がたった。世界が抱く懸念を払拭するにはほど遠い。職責の重さを自覚し、ふさわしい振る舞いをしてもらいたい。トランプ氏は先週松野支持…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 32日目

2月20日 日本経済新聞社説「自由な競争を実現し農業の成長を導け」の要約です。 農業改革の狙いは自由な競争を実現し、そこから新たな付加価値や生産、流通の合理化を引き出すことにある。重要なのは、農業資材や農産業の流通で高いシェアを握る全国農業…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 31日目

2月19日 日本経済新聞社説「企業は最高益に安住せずさらに強さ磨け」の要約です。 日本企業が効率よく利益を上げる体制を整えるためには、事業基盤をさらに強固なものとしなかればならない。日立の得意分野をさらに強くする姿勢は他の日本企業の刺激とも…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 30日目

2月18日 日本経済新聞社説「『2国家共存』を放棄するな」の要約です。 パレスチナ人が自分たちの国を持ち、隣り合うイスラエルと共存する。長い対立と流血の末にたどりついた、パレスチナ問題を解決に導く和平の道である。これを放棄してはならない。パ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 29日目

2月17日 日本経済新聞社説「自治体による民泊の規制は最小限に」の要約です。 民泊は観光地としての魅力を高め、個人の持つ資産の活用にも道を開く。政府は今国会に民泊解禁のための新法を提出する予定だ。有名観光地などで民泊が事実上、不可能になる基…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 28日目

2月16日 日本経済新聞社説「柔軟に働ける制度づくりも忘れずに」の要約です。 政府が残業への規制案を示した。働く人の健康を確保するため、残業に一定の制限を設けることは妥当だ。忙しい時期は2カ月の平均で月80時間を越えないようにすることなどを…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 27日目

2月15日 日本経済新聞社説「二兎を追う授業改革は可能か」の要約です。 学習の量は維持しつつ、授業の質を高める。まさに「二兎(にと)を追う」内容である。 改訂案は、従来のように教員が「何を教えるか」だけでなく、子どもたちが「どう学ぶか」に視野…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 26日目

2月14日 日本経済新聞社説「底堅い景気にも楽観は禁物だ」の要約です。 内閣府が発表した2016年10~12月期の国内生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた。実質で前期比0.24%増、年率換算で1.0%増となった。けん引役は企業部門だ。輸出は米国や…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 25日目

2月12日 日本経済新聞社説「日米は新経済対話を冷静に進めよ」の要約です。 トランプ政権になって初の日米首脳会談が開かれ、互いの経済関係を深めるための新たな対話を始めることで合意した。個人的な信頼関係の構築を目指したのは妥当な判断である。米…