f『』ind。

日常、身体に良いこと、自分を追い込んで成長blog

要約

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 47日目

3月7日 日本経済新聞社説「軍民両用研究は透明性重視で」の要約です。 防衛省が大学の研究費を出す制度を拡大するなか、「軍事目的の研究はしない」という過去の声明を見直すか議論してきた。軍事研究が民生用に転じた例は多い。逆に材料や光学の基礎研究…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 46日目

3月6日 日本経済新聞社説「経済左右する習主席の責任」の要約。 中国は2020年までに経済規模、所得水準を10年比で倍増する目標を掲げる。道は険しく周到な目配りが要る。外貨準備の急減など資金流出対策も急務だ。習近平国家主席は共産党の別格の指導者を…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 45日目

3月5日 日本経済新聞社説「質の高いアジアの経済連携を主導せよ」の要約。 アジア太平洋地域に広大な自由貿易圏をつくり、世界の成長センターとして繁栄する。日本を含むアジアの各国・地域はその目標を忘れずに、着実に経済連携を進めねばならない。16…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 44日目

3月4日 日本経済新聞社説「採用ミスマッチ解消へ丁寧な企業説明を」の要約。 採用活動の早期化で、企業の仕事内容を理解する時間が十分確保できないまま就活を進める学生も多い。入社しても早く辞めてしまう人の増加の一因にもなっていよう。企業は学生に…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 43日目

3月3日 日本経済新聞社説「米政権のWTO軽視は貿易戦争に道開く」の要約です。 米国の利益を損なうようなWTOの決定には従わない姿勢を明らかにした。最大の経済国である米国がこの手続きを無視して、高関税などの対抗措置を取るようになれば、世界の…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 42日目

3月2日 日本経済新聞社説「インド経済は荒療治しのぐのか」の要約です。 インド統計局はGDPが前年同期に比べ実質で7.0%増えたと発表した。市中に出回っていた現金のおよそ86%を突然使えなくする荒療治をしたが、それでも7%台の成長を保ったのはイ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 41日目

3月1日 日本経済新聞社説「前向きの節電が商機を生む」の要約です。 電力の安定供給の条件は、需要を満たす供給力を常に用意することだ。電力会社は普段は動いていない発電所も残して需要増に備えている。設備費用を軽減する利点だけでなく、利用者に無理…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 40日目

2月28日 日本経済新聞社説「メディアは民主社会の基盤だ」の要約です。 トランプ米大統領は民主主義の基本ルールを理解しているだろうか。トランプ政権とメディアの対立は激化する一方だ。 SNSが発達し、世論形成における新聞やテレビの影響力は下がっ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 39日目

2月27日 日本経済新聞社説「米温暖化対策の後退が心配だ」の要約です。 米環境保護局(EPA)長官に、地球温暖化対策などに反対するスコット・プルイット氏が就任した。プルイット氏は、経済成長と雇用創出を最優先するトランプ政権の方針に沿った考え…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 38日目

2月26日 日本経済新聞社説「賃金が力強く上がる基盤を築こう」の要約です。 消費は依然として本格的な回復に遠い。起点となる賃金の伸びが勢いを増すよう、本気で取り組むときだ。1人あたりで生み出す付加価値がこの20年ほどの間、ほとんど伸びていない…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 37日目

2月25日 日本経済新聞社説「『プレ金』から働き方改革へ」の要約です。 「プレミアムフライデー」が、始まった。消費の喚起と働き方改革の一石二鳥をねらって、政府と経済課が主導した企画だ。今の消費者はモノの購入より特別な体験に支出する傾向が強い…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 36日目

2月24日 日本経済新聞社説「ゴーン改革から何を学ぶか」の要約です。 日産自動車のカルロス・ゴーンが社長を退くと発表した。ゴーン氏の大きな功績は、日産自動車を果断なリストラでV字回復に導き、世界最大手に迫る水準まで生産を延した。ゴーン改革の…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 34日目

2月22日 日本経済新聞社説「低コストの無電柱化を探れ」の要約です。 無電柱化が進めば街の防災性はかなり高まるだろう。日々の生活を考えても、電柱がなければ歩行者や車いすが通行しやすくなるし、街の景観も向上する。各地に電柱が林立している最大の…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 33日目

2月21日 日本経済新聞社説「懸念を拭えないトランプ政権の1カ月」の要約です。 トランプ米大統領が就任して1カ月がたった。世界が抱く懸念を払拭するにはほど遠い。職責の重さを自覚し、ふさわしい振る舞いをしてもらいたい。トランプ氏は先週松野支持…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 32日目

2月20日 日本経済新聞社説「自由な競争を実現し農業の成長を導け」の要約です。 農業改革の狙いは自由な競争を実現し、そこから新たな付加価値や生産、流通の合理化を引き出すことにある。重要なのは、農業資材や農産業の流通で高いシェアを握る全国農業…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 31日目

2月19日 日本経済新聞社説「企業は最高益に安住せずさらに強さ磨け」の要約です。 日本企業が効率よく利益を上げる体制を整えるためには、事業基盤をさらに強固なものとしなかればならない。日立の得意分野をさらに強くする姿勢は他の日本企業の刺激とも…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 30日目

2月18日 日本経済新聞社説「『2国家共存』を放棄するな」の要約です。 パレスチナ人が自分たちの国を持ち、隣り合うイスラエルと共存する。長い対立と流血の末にたどりついた、パレスチナ問題を解決に導く和平の道である。これを放棄してはならない。パ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 29日目

2月17日 日本経済新聞社説「自治体による民泊の規制は最小限に」の要約です。 民泊は観光地としての魅力を高め、個人の持つ資産の活用にも道を開く。政府は今国会に民泊解禁のための新法を提出する予定だ。有名観光地などで民泊が事実上、不可能になる基…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 28日目

2月16日 日本経済新聞社説「柔軟に働ける制度づくりも忘れずに」の要約です。 政府が残業への規制案を示した。働く人の健康を確保するため、残業に一定の制限を設けることは妥当だ。忙しい時期は2カ月の平均で月80時間を越えないようにすることなどを…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 27日目

2月15日 日本経済新聞社説「二兎を追う授業改革は可能か」の要約です。 学習の量は維持しつつ、授業の質を高める。まさに「二兎(にと)を追う」内容である。 改訂案は、従来のように教員が「何を教えるか」だけでなく、子どもたちが「どう学ぶか」に視野…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 26日目

2月14日 日本経済新聞社説「底堅い景気にも楽観は禁物だ」の要約です。 内閣府が発表した2016年10~12月期の国内生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた。実質で前期比0.24%増、年率換算で1.0%増となった。けん引役は企業部門だ。輸出は米国や…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 25日目

2月12日 日本経済新聞社説「日米は新経済対話を冷静に進めよ」の要約です。 トランプ政権になって初の日米首脳会談が開かれ、互いの経済関係を深めるための新たな対話を始めることで合意した。個人的な信頼関係の構築を目指したのは妥当な判断である。米…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 23日目

2月10日 日本経済新聞社説「M&Aリスクの丁寧な説明を」の要約です。 上場企業の決算で、過去に実施したM&A関連の損失を計上する例が増えてきた。特に目立つのは、買収額と対象企業の純資産の差である「のれん」や、買収先の「営業権」といった見え…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 22日目

2月9日 日本経済新聞社説「ファンドの力を生かして経営改革を」の要約です。 プライベート・エクイティ(PE)ファンドが、日本でも存在感を増している。最近の動向で注目されるのは、企業が非中核企業を外に切り出す時に受け皿となるケースだ。もう一つ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 19日目

2月6日 日本経済新聞社説「日本のビールも世界で勝負を」の要約です。 酒税法が改正され、ビール系飲料にかかる酒税が段階的に統一される見通しになった。 いびつだった税制が変わるのを機に、新ブランドを立ち上げては廃止するやり方を改め、国際競争力に…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 18日目

2月5日 日本経済新聞社説「不当表示を許さぬ課徴金命令」の要約です。 三菱自動車の燃料不正問題で、消費者庁は同社に約4億8500万円の課徴金を納付するよう命じた。正しい表示があってこそ、消費者は安心して商品を選べる。市場が健全に成長していくために…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 17日目

2月4日 日本経済新聞社説「多様性の配慮はグローバル企業の責務だ」の要約です。 トランプ大統領の難民や環境などに関する政策に対して、米企業からの異論が強いのが難民や「テロ懸念国」の市民の入国制限だ。人材の多様性が失われれば競争力が低下しかね…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 11日目

1/29日本経済新聞社説「同盟国は米政権に責任ある行動を促せ」の要約です。 新大統領に、世界で不安が強まっている。 トランプ氏の就任後の言動からはっきりしてきたのは、自由貿易に反し、排他的な選挙公約を本気で実行しようとしていることだ。トランプ氏…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 10日目

1/28日本経済新聞社説「目に余るトランプ政権のメキシコたたき」の要約です。 トランプ米新政権のメキシコたたきがおさまらない。 都合の良い「取引」につなげるための手口かもしれないが、友好国に対するこうした仕打ちは新政権への警戒感を世界的に高める…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 9日目

1/27日本経済新聞社説「25年度より後の財政・社会保障の姿示せ」 の要約です。 日本の財政は先進国で最悪の状態にある。政府は直ちに社会保障の抜本改革の議論に入るべきだ。社会保障費を軸とする歳出の削減・抑制をし、診療報酬と介護報酬の同時改定を控え…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 8日目

1/26 日本経済新聞社説「経済の次の一手につながる国会論戦に」の要約です。 景気は明るさも見えるが、個人消費や設備投資が力強さを欠いているのは事実だ。成長力の底上げやデフレ脱却に向けてこれから何をするか、政権の次の一手をもっと雄弁に語ってほし…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 7日目

1/25 日本経済新聞社説「郵政株の売却は柔軟に進めよ」の要約です。 財務省が日本郵政の株式を一般の投資家に売り出す。日本郵政の株価が上場時の売り出し価格を上回るようになったからだ。収益力の着実な向上が日本郵政の民営化には不可欠である。日本郵政…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 6日目

1/24 日本経済新聞社説「なお実感できぬ刑法犯の減少」の要約です。 刑法犯は、初めて100万件を下回ったが、身近なところで「安心」を損なう犯罪が横行してる。関係する機関が連携して、想定される事態ごとに取るべき手順を決め、組織内で徹底しておくといっ…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 5日目

1/23 日本経済新聞社説「『サイバー』に強い自由社会を」の要約です。 昨年の米大統領選挙戦でサイバー攻撃があったことは、これからも留意していく必要がある。背景にあるのはいうまでもなくネットの普及とSNSの台頭である。自由民主主義の国々は協力し…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 4日目

1/22 日本経済新聞社説「米国第一を世界に拡散させるな」の要約です。 米国のトランプ新大統領が掲げる自国第一主義が世界を覆い尽くすことのないように、協調の輪を広げることが大切だ。トランプ氏は保護貿易主義を駆使して強引に投資や雇用を呼び戻す姿勢…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 3日目

1/21 日本経済新聞社説「未来への責任の具体策を知りたい」の要約です。 安倍首相は政権発足後の4年間の実績を踏まえ「今こそ、未来への責任を果たすべき時だ」と訴えたが、具体策は出ていない。5年目の政権運営は、決意を語るのではなく、結果を出すべき…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 2日目

1/20の日本経済新聞社説「習演説が映す世界の混迷」の要約です。 民間人が国の壁を越えて世界のために知恵を出し合うことがダボス会議の意義である。今回は、内向きの傾向を強める世界の政治や経済の姿をそのまま映し出すものとなり、習近平国家主席は保護貿…

社説を要約して文章力・論理力向上プログラム 1

今回は1/19日の日本経済新聞社説 「完全撤退、企業への打撃を抑えよ(英EU離脱)」を要約してみました。 英国が単一市場から完全撤退するにあたり、日本政府や企業も対応する手段を考えなければならない。単一市場離脱により日本に大きな影響を与える恐れ…